連載:はじめての「整体」 

現金化した後のクレジットカードの返済について

2016年3月 4日(金曜日) テーマ:現金化

現金が必要になると消費者金融や銀行カードローンなどといった選択肢がありますが、様々な理由でそれが無理な場合はクレジットカードの現金化という方法があります。 

上手に使うと非常に便利な方法ですし、審査などもいらないのですぐに現金を手に入れることができます。

 

クレジットカードで現金化して急にお金が必要になったことが助かったかも知れませんが、忘れてはいけないのが返済の支払いがあるということです。ショッピング枠を現金化していますので、その分の支払をしなければいけません。

何回払いにするのかをきちんと把握しておいて、その月の分はしっかりと払う必要があります。現金化をしても返済遅延や延滞をしてしまったらもったいないので支払うということは忘れないようにしてください。

 

では支払方法に関してですが、一括払いが一番簡単な方法になります。現金化して利用した分を翌月に一括で全額支払うというもので金利は発生しません。基本的に二回払いまでは金利が発生しないということも覚えておくといいでしょう。

三回目からは金利が発生しますが、もちろん金額が多ければ多い程、金利の額も大きくなっていきます。

またリボルビング方式といって一定金額を払い続けるという方法になります。元金と利息を合算させて支払うのですが、元金が減るとその分利息も減るというもので管理もしやすいのでいくら払えばいいかわからないという方にオススメです。

 

とにかく色々な支払いの形がありますが、最低限の額を払い続けてお金が出来たら一気に払うという方法でもかまいません。とにかく、現金化をすると手数料として業者の方に10%~20%前後は取られますので、できる限り金利が掛からない一括もしくは二回払いでクレジットカードの支払いをオススメします。

クレジットカード現金化についてのお話