安全面

放射能検知

東日本大震災などの多くの震災により、日本では放射能が問題となっています。
放射能が食品や飲料を通して、体内に入ることで、さまざまな影響をもたらします。

ウォーターサーバーが人気なのには、震災が一つの理由として関係していることがわかっています。

ウォーターサーバーに使用されている水も、スーパーなどに並んでいる食品や水にも、放射能の影響はほとんどありません。

最も恐ろしいのは、放射線物質の吸収、混入、付着による、人間の身体への影響になります。
放射線物質は、そのもの自体が放射線を出しています。
動物や人間に微量に付着することで、影響がすぐに出ることはありませんが、長時間被曝することになり、あとで影響が出てしまうこともあります。

しかし先程も言ったように、放射線物質がウォーターサーバーから検出されることはありません。

それにはきちんと濾過されていることや、開閉直前まできちんと密封されていることが関係しています。
それにより、安全な質の水を保つことが出来ています。

ペットボトルとの違い

水

ウォーターサーバーを利用するのと、スーパーやコンビニなどでペットボトルの水を購入するのとでは、どのような違いがあるのでしょうか。

ウォーターサーバーとペットボトルの水の価格を考えると、ペットボトルのほうが安くなっています。
これだと、ペットボトルのほうが、いいのではないかと思いますが、ウォーターサーバーの場合は水の価格にさらに利用料金も含まれています。
そのことを考えると、ペットボトルのほうがいいと考える人も少なくなるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーとペットボトルの利用のしやすさを考えた場合、断然にウォーターサーバーが利用しやすくなっています。
ウォーターサーバーの専用ボトルは業者が回収を行います。
それに比べペットボトルの場合だと自分でゴミとして処理しなければなりません。
さらにいつでもすぐに冷水・温水を利用することが出来るウォーターサーバーに対し、ペットボトルはすぐに対応することが出来ません。
そのことからも、ウォーターサーバーの方が利用しやすいと考えられます。

さらにウォーターサーバーは、業者が水を家まで届けてくれるサービスがあります。
自分で持ち運びを行う必要がないので、お年寄りやお子様でも簡単に利用することが可能になります。
ペットボトルの場合は、購入して家まで運ばなければならなくなるので、結構な重労働になる場合もあります。

このようなことからも普通にペットボトルで水を購入するより、ウォーターサーバーを利用するほうがさまざまな面で有効的といえます。
放射能の問題もなく、健康的な飲料として使用出来るウォーターサーバーを家庭に取り入れることで、健康的な身体といい経済状態を保つことが出来ます。

主婦の味方

危険な場所

ウォーターサーバーを家庭に設置すると、多くの場面で役立つことがわかっています。
それは主婦の皆さんに大きく役立ちます。

毎日欠かさず行う家事に料理があります。
この際にウォーターサーバーを使用することで、光熱費の節約にも繋がります。
そのまま使用した水を捨ててしまう、米研ぎや、野菜洗いなどでの使用はウォーターサーバーの水を無駄にしてしまうかもしれません。
しかし、お米を炊く際の水、スープやお味噌汁などの食事となる場合はウォーターサーバーの水も一つの食材となり、効果的になります。
きれいな水を使用することで、料理の味もより美味しくなります。

さらに赤ちゃんがいる家庭では、ウォーターサーバーの水をミルクに使用することが出来ます。
赤ちゃんが飲むミルクは60℃前後が適温となっており、人肌程度となっています。
ウォーターサーバーがあることによって、粉ミルクと混ぜあわせ、60℃という適温に水温を合わせることが簡単に行えます。

これら二つの役立つ場面に共通していえることは、どちらも人間の体内に取り込まれるということです。
ウォーターサーバーに使用されている水は、質が良く安全なものが多いため、安心して利用することが出来ます。
さまざまな災害が多い日本であっても、放射能の心配など無く、安心して使用することが出来ます。